本文へスキップ

北九州市立槻田市民センター

TEL. 093-653-1185

〒805-0032 北九州市八幡東区松尾町19-1

周辺の名所・旧跡THE NOTED PLACES

高槻式土器

高槻式土器1 弥生時代前期の末頃、周防灘をめぐる瀬戸内西岸部一帯に出土する壷形土器の特徴的な形式で高槻遺跡の名前から付けられています。その特徴は、壷の肩部に貝殻やヘラで、羽状文(うじょうもん)、重弧文(じゅうこもん)、山形文(やまがたもん)などの装飾性豊かな文様が描かれています。 左2枚の写真は、現在「いのちのたび博物館」に展示されている高槻式土器です。出土地は小倉南区の岡遺跡で、右が肩部の文様部分の写真です。なお、高槻遺跡からの出土品は収蔵庫に入っているとのことでした。
高槻式土器2


槻田土地区画整理記念碑

槻田土地区画整理記念碑1 槻田土地区画整理記念碑2 八幡市は、大正12年小倉市、若松市と同時に都市計画施行市と決定されました。その後、槻田地区においては、昭和7年に区画整理組合が設立され、同年事業着工し昭和9年に竣工しました。右の写真は、その竣工を記念して造られた碑で、松尾公園内にあります。記念碑には、下記の区画整理内容が刻まれており、そして揮毫は当時の八幡市長図師氏によるものです。  
  総地籍:169,925坪
  事業費:15万円
  起工:昭和7年9月
  竣工:昭和9年3月
  道路延長:17,172m
  小公園:3箇所

バナースペース

北九州市立
槻田市民センター

〒805-0032
北九州市八幡東区松尾町19-1

TEL 093-653-1185
FAX 093-653-4003

開館時間
平日:9:00〜22:00
土曜:9:00〜17:00

休館日:日曜日
国民の祝日に関する法律に規定する休日
年末年始
(12/29〜1/3)

メールはメールこちら