本文へスキップ

北九州市立穴生市民センター

TEL. 093-641-6026

〒806-0047 北九州市八幡西区鷹の巣3-3-1

周辺の名所・旧跡等THE NOTED PLACES

穴生地区と穴生市民センターの紹介

 穴生地区と穴生市民センター  昭和38年に旧5市(門司・小倉・若松・八幡・戸畑)が合併してでき、政令指定都市北九州市の副都心八幡西区黒崎に隣接する住宅地に位置します。
 昭和20年代までは、静かな農村地帯だったのですが、30年代初めに始まった市の区画整理事業と筑豊電鉄の開通によって、急速に都市化した住宅地です。
 この穴生地区に、当時「都市公民館発祥の地」といわれた八幡市の一中学校区に一公民館建設方針に基づいて、昭和37年7月7日に穴生公民館が建てられました。
 その後老朽化により、平成5年9月に立て替えられ今日に至っています。
 ◆おかげさまで、「穴生市民センター」は平成24年7月に穴生公民館開館から50周年を迎えました◆

穴生地区社会福祉協議会について

 社会福祉協議会(以下穴生地区社協)は昭和42年に結成され、八幡地区では木屋瀬・陣原・折尾西についで4番目にあたるようです。
 穴生地区は昭和28年、旧八幡市時代から区画整理事業の対象地区になり、昭和31年には筑豊電鉄の開通によって、農地は宅地になり住宅建設が進み、急速に人口が増加しました。
 昭和37年には穴生公民館の新設で、地域の自治区会をはじめ、婦人会・子供会・長生会等の活動が公民館を拠点として活発になっていきました。このことは穴生地区住民の新旧の交流が盛んになり、新しい「まちづくり」の基盤作りが進められたことになります。穴生地区社協は、これらの各団体や学校関係を含め、連絡調整や各団体の横の連絡を密にする働きを果たしてきました。
 平成26年、穴生まつりも第34回を迎え、住民の英知と熱意で内容の充実、規模の拡大、参加者の増加と郷土まつりとして定着してきました。同時にまつりを通じての住民相互の交流と地域連帯感の高揚は最大の成果であると言えるでしょう。
 穴生地区社協が平成2年から穴生公民館を福祉のセンターとして取り組んできた在宅福祉モデル事業、ふれあいネットワーク事業、さらに平成8年から開始した、みんなで作る健康と福祉の街「穴生」(日本生命財団助成事業)が地域に根付いてきたのは、この連帯感が支えになっています。

文部大臣表彰(文部大臣表彰の根拠となった評価点)

 文部大臣表彰  穴生公民館の受賞は、特定の突出した事業が評価されたのではなく、公民館として必要な役割のほとんど全てが果たされているという総合性が評価されたことに特徴があります。
 具体的には次のような点が対象になりました。
1.公民館の経営、事業に市民(住民)・学習者が企画の段階から参加している。

2.地域と一体となった運営、関係団体や期間(学校等)との連携が図られ、公民館がネットワークの要の役割を果たしている。

3.学習支援体制が確立され、各種講座、クラブ、サークルなど、多様な展開をみせている。

4.ボランティアが中心となって推進する各種事業が活発に展開され事業効果を挙げている。(旧あそびの学校、青春学校、絵本とおたのしみ会、旧公民館劇団へいろく、おやじの会、郷土史委員会等々)

5.ボランティアの要請・育成・活用が計画的・系統的に行われ、公民館活動推進のリーダーを多数輩出している。

6.「学び」と「福祉」の統合による館運営が地域と公民館の両方を活性化し、高齢化社会における地域づくりを促進している。

7.充実が公民館への関心と参加意識を創出している。 
    

朝日のびのび教育賞受賞

 朝日のびのび教育賞受賞  平成18年、開校から12年を経て「あそびの学校」が朝日新聞社主催の「朝日のびのび教育賞」を受賞いたしました。
 「あそびの学校」は平成7年〜22年2月の閉校まで、瀬川正志校長や、地域の方々が集まり「みんなで仲良く、元気にあそぼ〜や!」を合言葉に、『あそび』に遠ざかりがちな現代の子ども達に対し 「仲間と一緒に遊ぶ事の楽しさ」 「自然に親しみ、生活の中に遊びを取り入れること」 「工夫と創意で遊びを考えだすこと」 などを経験させてやりたい、という思いで15年間活動しました。
 ※朝日のびのび教育賞・・・朝日新聞創刊120周年を記念して1999年に創設。地域に根ざしたユニークな教育活動を掘り起こして顕彰することが21世紀の教育の進路を考える一助となれば、と設けられた。

バナースペース

北九州市立
穴生市民センター

〒806-0047
北九州市八幡西区鷹の巣3-3-1

TEL 093-641-6026
FAX 093-641-6026

開館時間
平日:9:00〜22:00
土曜:9:00〜17:00

休館日:日曜日
国民の祝日に関する法律に規定する休日
年末年始
(12/29〜1/3)

メールはメールこちら