本文へスキップ

井堀市民センター

TEL. 093-592-1170

〒803-0835 北九州市小倉北区井堀3丁目15番2号

いぼりんのつぶやきIBORIN TWEET

2019年度のつぶやき
2020.2.22 《第10回》 生き生きチャレンジキッズ

               「お花を飾ろう!」
              ~フラワーアレンジメント~

今回は、≪春を感じよう!≫のテーマで、地域のお花研究家のSa Chet(サ・シェ)の灘奈美先生をお迎えして、フラワーアレンジメントを作りました。
 まず最初にカップの飾りつけ!自分の好きな絵や模様を描くか、ふわふわ毛糸を巻いてカップを飾るかそれぞれ選んでマイカップを作りました。
お花は、『桜、チューリップ、スイートピー、ストック、ミモザ、ラナンキュラス』の6種類です。
先生のお話をよく聞いて、それぞれのお花の長さや向きを考えて、フラワーアレンジメントを完成させました。
一年生から五年生までの男女の児童が参加しているので、いろいろいな発想が生まれて感心しました。あっという間の2時間が過ぎ、最後は、素晴らしい出来栄えの個性豊かな素敵なアレンジメントを持って、笑顔で記念写真を撮りました。
今回も思った以上の出来栄えだったのか、自宅への持ち帰りも嬉しそう。十分、家族のみなさんに自慢できますね。きちんとお水をあげて、もっともっと綺麗に育ててくださいね。
灘先生、今回も素敵な時間をありがとうございました。お母さま方もお疲れ様でした。

 生き生きチャレンジキッズ担当 吉井
    

2020.2.15 センター講座 ~食パンと黒糖饅頭作り~

 小倉蕎麦塾の岡本先生と2名の先生方をお迎えして、参加者15名で、食パン作りに挑戦しました。今回は、ご夫婦の参加が2組もあり、井堀校区の仲の良さがしっかり現れた会でした。
 メニューは、「食パンと黒糖饅頭」でした。
食パンは、小麦粉に砂糖・バター・塩・酵母・牛乳などを混ぜ、発酵させ、くるみやレーズンなどを入れ、更に発酵させ、オーブンでしっかりと焼きました。
また、パン生地を発酵させる時間、パンにして寝かせる時間、オーブンで焼く時間に黒糖饅頭をみんなで作りました。生地を一定のグラムにカットする人、あんこを包んで丸める人、蒸し器に並べて蒸す人など、それぞれに分かれて、合間合間に協力して作りました。
 パン作りが終了した後は、楽しみな昼食タイム。自分たちで作った饅頭と、先生お得意の「具沢山のうどん」をお腹いっぱいいただきました。笑顔で楽しく話しながら美味しくいただきました。最後は、みんなで後片付けをしっかり行いました。
次年度の予約も入り、いつものように笑顔で繋がり、嬉しい講座開催となりました。
先生方、素晴らしい時間をありがとうございました。また、参加された地域の皆さんもありがとうございました。

センター講座担当 井上

   

2020.2.8 いきいき健康講座 ~健康寿命をのばそう~

                 『リンパ体操!』
              ~要らないものを流してスッキリ!~

 リンパ体操講師の福田りえ先生を講師にお迎えして、生き生き健康講座を開催いたしました。
 「リンパはどこにあるの」から始まり、実際にタオルを使って「リンパマッサージ」を教えていただきました。
「リンパマッサージ」のコツは、力を入れずに撫でるようにさする、優しいマッサージですが、最初はどうしても力が入って強くなっていましたが、徐々にみなさん上手くなりました。
 2時間の講座で、先生の指導のもとに1時間半全身の「リンパマッサージ」を行ったので、終了する頃には、身体もほんわかした感じでした。しかも、足の上げ下げも軽くなったように感じ、顔も確かに左右対称になったような気がします。参加された皆さんに好評で、次回も早めに実施して欲しいとの希望が多かったですし、講座終了後、個人的に質問されている方も多かったです。
 みなさんの質問に丁寧に対応していただきました。福田先生、有意義な時間をありがとうございました。参加された皆さんもお疲れ様でした。ありがとうございました。
必ず、お家でも復習し健康を維持して下さいね!

  

2020.2.5 「いぼりの森のみんな!だぁ~いすき!」

 今年度第11回目の「子育てフリースペース」みんな♪あそび隊を開催しました。
今日のテーマは、「冬のあそび・・・鬼たいじⅡ」で、プログラムは、【①みんなでご挨拶 ②井堀小学校の読み聞かせボランティアの有志の皆さんの紙芝居と絵本の読み聞かせ ③全員参加の「鬼のパンツ」の歌と踊り ④鬼たいじⅡ ⑤館長からのご挨拶】でした。
 今回は、朝早くから雨もパラつき参加者が危ぶまれましたが、時間になると子どもたちだけで28名、総勢65名のおお賑わいになりました。
紙芝居と読み聞かせは、「節分」と「鬼たいじ」のお話しでした。
参加者全員での「鬼のパンツ」の歌と踊りでは、鬼さんも一緒に歌って踊りました。その後、「鬼たいじⅡ」では、豆まきが始まり、子どもたちも必死で豆を鬼にぶつけたいじしました。子どもたちもお母さんもスタッフも素晴らしい笑顔の楽しいフリースペースになりました。
 参加の皆さん、ボランティアの皆さん、子育てサポーターの皆さん、楽しいひと時をありがとうございました。
 館長の挨拶では、来年度の予定と「あっぱれ北九州!」へ井堀市民センター出演のお話しでした。(放映は、1月26日日曜日でしたが、ユーチューブで「あっぱれ北九州!」を検索していただきますとご覧いただけますので、是非ご覧ください。)
次回の3月4日(水)は、子育てサポーターのあそび隊と井堀小学校読み聞かせボランティア有志による、今年度最後のフリースペース「みんな♪あそび隊」:おたのしみ会」と小倉北区保健福祉課による「子育て相談」のいぼりの森の「みんな!だぁ~いすき!」です。

子育て支援担当 井上 (幸)

   

2020.1.25 第9回《生き生きチャレンジキッズ》

              「風船バレー大会!」
 今年も一月に井堀小学校の体育館をお借りし、≪風船バレー大会!≫を実施しました。
参加者は、児童25名、保護者7名、弟1名、ボランティア3名、職員5名の総勢41名でした。
≪風船バレー≫とは、障害のある人とそうでない人が一緒にプレーできるように考えられているため、年齢を問わず誰でも一緒に参加できる優しいスポーツです。
バドミントンコートを利用し、1チーム6~7名の4チームの総当たり戦で行いました。
最初は、ボランティアの国田さん、楠本さん、大熊さん、職員のリードによる、準備体操・ラジオ体操。次に、館長によるルール説明、練習ゲーム、Aコート、Bコートに分かれての試合。結果発表。整理体操の順に進みました。
一年ぶり4回目の風船バレーでしたので、練習タイムを取り、声のかけ方やサーブのローテーション、どのようにパスを回すかなど、みんなで確認しました。(難ルール①:相手コートに返球する前に全員が、一回はふうせんに触れていないといけない。)
1チーム3試合行いましたが、今年は1年生が多かったからか、最初は数回しか続かなかったが、2試合目くらいから結構長いラリーとなり、3試合目になると更に上手くなって行くのが、良く分かりました。
今年も良い天気で少し動くだけで暑いくらいだったので、盛り上がり始めるとみんなの熱気でほっかほっかでした。身体を思いっきり動かし、大きな声を掛け合い、大いに笑い、喜び、悔しがり、汗をかくことで、とても清々しく、健康に良い時間を過ごすことが出来ました。
次に、市民センターの調理室に移り、お母さん方が準備をして下さった「おにぎりとけんちん汁or豚汁」をみんなでいただきました。おにぎりのお代わりは女子が多く、けんちん汁or豚汁のお代わりは男子が多かったのが、今回の特徴でした。
最後に、優勝チームと全員にサプライズプレゼントがあり、おお盛り上がりでした。
また、地域の皆さんの協力で、キッズも怪我無く、無事に楽しい時間を過ごすことが出来ました。ご協力ありがとうございました。
児童にとても好評ですので、来年も企画しますので、またよろしくお願いします!!
 次回は、「花を育てよう!」です。お楽しみに!!

井堀市民センター 生き生きチャレンジキッズ担当 吉井

  

2020.1.23 いぼりの森の「みんなだぁ~いすき」

 今年度第10回「みんな♪フレアイ隊」を開催しました。
今日は、西南女学院大学短大部保育科2年生の藤田ゼミの学生4名と来年度担当の1年生2名が、頑張ってくれました。
 今回のテーマは、「おにたいじ!」です。プログラムは、①始まりの「挨拶」②「恵方巻つくり!」③「おにたいじ!」④「フルーツ体操!」⑤今年度のフリースペース最終回の「お礼」と「お土産渡し」でした。「おにたいじ!」では、館長と職員の2人が鬼となり、大暴れ!!それに対して泣く幼児もいましたが、ほとんどが果敢に豆を投げつけて、しっかりおにをたいじしました。
「恵方巻づくり!」では、お店屋さんで、のりとご飯、恵方巻の具(さくらでんぶ、たまご、お肉、きゅうり、かんぴょう、サーモン、まぐろ)を買って、レジでお金を支払い、お母さんと一緒に作りました。ご飯と具を巻くのが難しく、お母さんに少し助けてもらったけど、美味しそうな恵方巻を作る事が出来ました。
今日が今年度最終回だったので、挨拶「お礼」では、一年間の感想とお礼が代表者からありました。
また、みなさんに手作りのお土産もお渡ししました。
今回も寒さや鬼を吹っ飛ばす勢いで、温かい楽しい1時間を過ごさせてもらいました。ありがとうございました。

 今年度の学生さんたちも、いよいよ社会に出て、目標としていた保育士・幼稚園の先生になります。「いぼりの森」で学んだこと感じたことが、今後の子どもたちや保護者との係わりで、生かせたらとても嬉しいです。社会に出たら、今までとは違う、辛いこと、嬉しいこと、悲しいこと、感動することもいろいろあると思いますが、その中で精一杯頑張って下さいね。
皆さんの新しい環境での健闘と活躍をお祈りします。

次回は、2月5日(水)は、子育てサポーター「みんな♪あそび隊」による「冬のあそび~雪だるま作ろう!」のいぼりの森の「みんな!だぁ~いすき!」です。

センター職員 子育て支援担当 井上(幸)

    

2020.1.11 《いきいき大人チャレンジ》「お楽しみ菓子作りPART1」

小倉蕎麦塾の岡本先生と2名の先生方をお迎えして、参加者11名で、スイーツ作りに挑戦しました。
 メニューは、「芋パイと梅ヶ枝餅」でした。しかし、開始してみるとそば饅頭や甘酒饅頭も作ることになりました。
 それぞれのメニューで難しい点もあり、11人が3班に分かれたので、みなさんバタバタでしたが、素晴らしい出来栄えでした。
 芋パイも芋だけではなく餡子もいっぱいで、とても素人の作ったものとは思えない、とても美味しい出来でした。梅ヶ枝餅もしっかり美味しそうな焦げ目も付き、素晴らしい見栄えと味の梅ヶ枝餅でした。饅頭や甘酒饅頭は、表面のつるつる感を出すのが難しかったようですが、先生方の指導のお陰で、美味しいお饅頭に仕上がりました。
料理が終了した後は、お待ちかねの昼食タイム!先生の打った「具だくさんうどん」です。自分たちで作ったパイや餅、饅頭を比べながら、出来栄えや難しかったことなどを笑顔で楽しく話しながら美味しくいただきました。満腹になった後は、みんなで後片付けをしっかり行いました。
参加されたみなさんの感想は、「今回も参加して良かった。とても楽しかった!面白かった!次のパン作りも参加します!」とのことで、次回の予約も入り、みなさんも笑顔で繋がり、嬉しい講座開催となりました。
先生方、素晴らしい時間をありがとうございました。また、参加された地域の皆さんもありがとうございました。

センター講座担当 井上

 
 

2019.12.26 いぼりの森の「みんな!だぁ~いすき!」 

 今年度第9回「みんな♪フレアイ隊」を開催しました。
今日も西南女学院大学短大部保育科2年生の藤田ゼミの学生4名が、頑張ってくれました。
今回のテーマは、運動あそび「暮れの大掃除!」で、プログラムは、①ごあいさつ ②オープニング「フルーツ体操」 ③「おおそうじ!」≪まどふき・落ち葉ひろい・ぞうきんリレー≫でした。
今回も今年度のオープニングの「フルーツ体操」から始まりました。
お姉さんの「さあ!!??『おおそうじ!』」の掛け声です。
 〇まどふき・・・最初に窓にクレヨンでいろいろな絵をいっぱい書きました。家では、なかなか出来ないことなので大喜び!!その後、「さあ、窓ふきしましょう!」で、雑巾で拭くとどうでしょう!
そうこれは、「消えるクレヨン!」でした。きれいに拭いてくれたので、始まる前より青空のよく見える窓ガラスになりました。
 〇落ち葉ひろい・・・お姉さんたちが、作ってくれた落ち葉やゴミを同じく手作りのほうきとちり取りで綺麗にお掃除出来ました。
 〇ぞうきんリレー・・・バスタオルに子どもたちを乗せて引っ張ってスイスイ。通った後は、床が綺麗に吹き上がりました。お母さんたちの息も上がりました。最初は、後ろに転ばないか心配でしたが、段々要領よくなり速度が上がり、それも子どもたちに好評でキャッキャ言う声がホールに溢れました。

 今回は、忙しい年末の26日と言うことと朝から雨模様で、せっかく準備したことが水の泡になるかと心配しましたが、親子、学生、ボランティアの集まる楽しい賑やかな会になりました。寒さを吹っ飛ばせる温かい1時間を過ごさせてもらいました。ありがとうございました。

次回は、1月23日(木)今回に続いて、西南女学院大学の藤田ゼミ学生「みんな♪フレアイ隊」による「鬼たいじ!」のいぼりの森の「みんな!だぁ~いすき!」です。

センター職員 子育て支援担当 井上(幸)

  

2019.12.21 第8回《生き生きチャレンジキッズ》

 「西南女学院大学へ行こう!」

西南女学院大学のキャンパスで、≪“視覚障がい者のスポーツを知ろう” “視覚障がい者のへのサポートの方法を知ろう”≫のテーマで実施しました。
井堀からの参加者は、児童20名、保護者3名、センター職員4名の総勢27名でした。
大学からは、学生さん4名、稲木先生、山本先生、五十嵐事務局長、地域連携室の皆さんにお世話いただきました。
     《プログラム》  
  ◎始まりの会
  ①稲木先生と山本先生の自己紹介とお話し
   今日の体験についての目標
   ・視覚障がい者のスポーツを知ろう
   ・視覚障がい者へのサポートの方法を知ろう
   ・パラリンピックの競技のDVD視聴
  ②学生さんの自己紹介
   ・4人のアシスタントの学生さんが、おもしろおかしく紹介してくれました。
  ③みんなで体験
   ・準備体操・ストレッチ
   2人1組になり、アイマスクをしたパートナーに『指導者と同じ体操』を声や手・体に触
   れることなどによって伝え、正確に体操してもらう。
   ・アイマスクをした人に声等で歩行、階段の昇り降り、ランニングを誘導
   ・3人組で音や声でのボールのスローイングとキャッチング、ペットボトルボーリング
   ・サウンドテーブルテニス(卓球)
  ◎終わりの会 稲木先生と五十嵐事務局長の挨拶

とても、充実した内容で、アッと言う間に2時間が過ぎました。キッズたちの感想も好評で、障がい者の大変さとスポーツの面白さを再確認したようでした。
西南女学院大学のみなさま、今年も年末の忙しい中、心のこもったいろいろな企画、本当にありがとうございました。こころよりお礼申し上げます。
最後に、楽しませていただいたキッズから「ありがとうございました」挨拶がしっかり言えました。
しかもその後に、「来年もよろしくお願いします。」と、またまたしっかりお願い出来ました。
 もうすぐ、素敵なクリスマス、そして新年を迎えられますようにお祈りいたします。

生き生きチャレンジキッズ担当 吉井

  

2019.12.15 井堀校区『ふれあい餅つき大会』

 今年も、井堀校区「ふれあい餅つき大会」を実施しました。
餅つき大会で一番の心配ごとの今年の天気は、昨年とは違い、準備の日も餅つき当日も朝から晴天で、日差しは暑いくらいでした。校区のみなさんのご協力で、元気いっぱい笑顔いっぱいの楽しく賑やかな行事にすることが出来ました。
今年も餅つき大会は、校区の方々に加え、小・中学校関係3名、九州工業大学の学生さん8名、新日本非破壊検査さん4名など、参加者総勢100名以上の盛大なものとなりました。
餅つき大会は、まちづくり協議会の柏木会長の挨拶から始まり、みなさん朝早くから頑張りました。
もち米を100㌔用意し、あらい、蒸し、こね、搗き、丸め、パック詰めをして、対象者の約200名分を準備することが出来ました。
餅つき大会終了後に、民生委員や町内の役員さんが、搗き立てでまだほんのり温かさのあるお餅を一人暮らしの方々に一軒一軒おもち(・・・)することが出来ました。
今年も衛生面には特に気を使い、ノロウイルス対策で、「エプロン、ヘッドキャップ、料理用手袋、マスク、手洗い洗剤、手の消毒・殺菌剤も2種類」準備して、万全を期していますので、安心して召し上がって下さい。
素晴らしい新年をお迎え下さいますよう、参加者全員でお祈りいたします。

井堀校区まちづくり協議会 会長 柏木 作
井堀市民センター       館長 植村 茂信



2019.12.4 いぼりの森の「みんな!だぁ~いすき!」

 今年度第9回目の子育てフリースペース「みんな♪あそび隊」を開催しました。
今日のテーマは、「クリスマス会!(サンタと一緒に!!)」でした。
今回は、保健師さん・看護師さんとの「体重・身長測定」「子育て相談」がありました。その後に、多目的ホールに集まり、一緒に楽しい時間を過ごしました。
最初に読み聞かせボランティアによる「読み聞かせ」、続いて子育てサポーターによる「赤鼻のトナカイ」をみんなで一緒に歌い、踊りました。次に、サンタクロースとトナカイさんの登場です。よい子のお友達に素敵なプレゼントを持って、遠い国からやって来ました。でも、なぜかとても日本語が上手なサンタさんとトナカイさんでした。よい子のお友達は、プレゼントを受け取りニッコリ、上手に受け取ることが出来ました。直ぐに開けてパクパクッと食べるお友達もいました。
最後は、サンタさんとトナカイさんと一緒にとてもすてきな笑顔で記念撮影をしました。。
今回も子どもたちの素晴らしい笑顔と楽しい声、音楽の響くフリースペースになりました。
参加された皆さん、読み聞かせボランティアの皆さん、サポーターの皆さん、ありがとうございました

次回の12月26日(木)は、西南女学院大学の「みんな♪フレアイ隊」に依る、運動あそび「暮れの大そうじ」のいぼりの森の「みんな!だぁ~いすき!」です。

子育て支援担当 井上 (幸)

2019.11.30 センター人権講座 

いきいき大人チャレンジ講座 & 西南女学院創立100周年記念事業
いぼりの森の小さな音楽会
「誰の声が聞こえる?―動物たちの音楽会―」

 今回のセンター講座は、「生き生きチャレンジキッズ」「創立100周年の西南女学院」との協賛の音楽会でした。
プログラムは、交響的物語「ピーターと狼」
       音楽物語「ごんぎつね」
       となりのトトロより「さんぽ」
       千と千尋の神隠しより「いつも何度でも」
       「タイプライター」
       「踊る猫」
北九州交響楽団の有志の方32名の壮大な演奏に加えて、西南女学院大学短期大学部の先生と30名の学生さんによるパネルシアター・朗読・合唱があり、とても素晴らしく迫力のあるコンサートとなりました。就学前のお子さんが、この規模のコンサートに入場できるのは少ないことから、子育て中の親子や、近くの保育園の幼児、生き生きチャレンジキッズの児童も参加するなど、100人以上の皆さんが来られて、みんなで楽しく音楽鑑賞しました。
北九州交響楽団のみなさま、学生さん、素晴らしい演奏有難うございました。
観客の皆様、お忙しい中お越しいただきまして、ありがとうございました。

センター講座担当 井上

  

2019.11.28 いぼりの森の「みんな!だぁ~いすき!」

 今年度第8回「みんな♪フレアイ隊」を開催しました。
今回のテーマは、「どんぐり・・歌あそび!」で、プログラムは、①「ご挨拶と今日の説明」②「どんぐりひろい」③「どんぐりで楽器を作ろう」④「森の木の実」になろう⑤「どんぐりの楽器を使って、歌を歌おう」でした。
先ずは、どんぐりの木の下に落ちているどんぐりひろい、それを使ってマラカスを作りました。そして、みんな、森の木の実に変身、マラカスを使って、学生のお姉さんと一緒に「どんぐりころころ」のうたを歌いました。途中で、ドジョウが出てきてみんなビックリ!!学生さんのドジョウのコスプレが、リアルと言うかよく頑張ったと言うか、みなさん想定外でした。素晴らしい!!
最後は、次回と秋のコンサートのお知らせとご挨拶をして終わりました。
今回も笑顔と歓声と幸せたくさんの「いぼりの森」になりました。
みなさん、「いぼりの森」に集まっていただいてありがとうございました。

次回は、12月4日(水)は、子育てサポーター「みんな♪あそび隊」による「クリスマス会!」(サンタと一緒に・・・)のいぼりの森の「みんな!だぁ~いすき!」です。

センター職員 子育て支援担当 井上(幸)
  

2019.11.17 井堀校区『防災訓練』

例年実施の井堀校区防災訓練を実施しました。今年の防災訓練は、「みんなde Bousai」のフォローアップ事業として、まちづくり協議会主催、危機管理室、井堀市民センター共賛で、井堀小学校の体育館をお借りして実施しました。
井堀校区は、幸いなことに防災とは無縁に思えるくらいの地域だと思います。しかし、ここ数年の各地の状況を鑑みると100年に一度の災害に見舞われることも想定しておかなければいけません。そこで、今回は、土曜日ではなく、わざわざ日曜日の訓練としました。 地域のみなさんの理解で、お忙しい休日に集まっていただき、素晴らしい天気に恵まれ実施することが出来ました。
『朝9時50分に地域のみなさんが井堀小学校の体育館に避難して来られた。』との想定で、参加者も130名を超え、訓練は開始されました。

訓練は、①井堀校区まちづくり協議会柏木会長のあいさつから始まり、②みんなde Bousaiのファシリテーターの藤澤氏、横田氏による講話、③第一訓練、④炊き出し訓練、⑤第二訓練⑥総評、反省会、非常食の試食会と進みました。
・第一訓練は、煙ハウス体験訓練
・第二訓練は、救護・搬送訓練(1)AED操作訓練(2)簡易担架作成、搬送訓練
・炊き出し訓練は、非常用ご飯の作り方体験

第一・二訓練は、2班に、炊き出し訓練は、3班に分かれ、出来るだけ近くで体験しました。カレーのルーも非常用でしたが、これは流石に調理室で作りました。ルーは、一人一人のパックではなくて、18人分のパックでそのまま温めるのではなくて、鍋に入れて調理する物でした。
各訓練が終了後、炊き出しのカレーが出来、天気の良い交流広場で、皆さんご一緒にいただきました。訓練後のカレーもご飯も思いのほか美味しかったです。
カレーを食べながら、講師に質問をしたりお礼を言ったり、和やかムードの中にもしっかり訓練来た充実感もあり、参加のみなさんは、いい経験になったと喜ばれていました。
 本日の訓練を本番で活かすことがないことが一番ですが、もしもの時は井堀の方々は対応の早い地区となると思います。災害時には、いろいろな地区からボランティアの方々も応援に来られるとは思いますが、最初は自分たちの力で乗り切らないといけないので、ここぞと言う時に役立つ有意義な訓練だと思いました。
危機管理室の大場係長、小倉北消防署のみなさん、日曜日の訓練参加、ありがとうございました。また、地域のみなさんもお疲れさまでした。ありがとうございました。

井堀市民センター館長  植村 茂信

  

2019.11.6 井堀の森の「みんな!だぁ~いすき!」

 今年度第7回目の「子育てフリースペース」「みんな♪あそび隊」を開催しました。
今日のテーマは、「秋のコンサート!」でした。
今回も保健師さん・看護師さんとの「体重・身長測定」「子育て相談」がありました。その後に、多目的ホールに集まり、一緒に楽しい時間を過ごしました。
最初に読み聞かせボランティアの3人の有志の皆さんに依る「読み聞かせ」、続いて、「いぼりっ子の音楽会」です。いろいろな手作り楽器を使ってみんなで大合奏しました。子どもたちは「山の音楽家」をリスさん、小鳥さん、ウサギさん、たぬきさん、木こりのおじさんのそれぞれの歌に合わせて、ペットボトルのマラカス、お皿のシンバル、鈴のトライアングルで、大合奏しました。
最後は、指あそびで終わりました。
今回も子どもたちの素晴らしい笑顔と楽しい声音、音楽の響くフリースペースになりました。
参加された皆さん、読み聞かせボランティアの有志の皆さん、サポーターの皆さん、色々な動物さん、木こりのおじさんもありがとうございました。

次回の11月28日(木)は、西南女学院大学の「みんな♪フレアイ隊」に依る、歌あそび「どんぐり」の井堀の森の「みんな!だぁ~いすき!」です。

子育て支援担当 井上 (幸)

  
 

2019.10.26 第5回 《生き生きチャレンジキッズ》

≪小倉祇園太鼓!≫

 今回の「生き生きチャレンジキッズ」は、『小倉祇園太鼓保存振興会』の日高さんと5名の講師をお招きして、「おぎおん太鼓塾」を実施しました。
キッズと保護者は、市民センターに9時50分に集合し、10時から開始しました。最初の30分で、「小倉祇園太鼓」の歴史や特徴を他の祭と比較しながら分かり易く説明していただきました。
続いて、実技の太鼓体験に入りました。まず講師の実演を見て、イメージを持ってもらい、二人ずつ順番に実際に叩いてみました。太鼓を叩いたこともあるキッズもいましたが、ほとんどが初心者だったので、最初は太鼓をたたくだけで精一杯、身体でリズムを取るまでは、なかなか出来ませんでした。しかし、そこは子どもたちの習熟の速さ、6人の講師の分かり易い実技指導をしっかり受け入れ、だんだん太鼓の音も大きくなり、身体も大胆に動くようになって行きました。
最後は、講師の方々、太鼓とキッズで、記念写真を撮って終わりました。
アッと言う間の2時間で、今回の「生き生きチャレンジキッズ」も楽しい一日になりました。
お父さんもお母さんもしっかり楽しんでいただけたと思います。ご出席いただきましてありがとうございました。お疲れさまでした。

井堀市民センター 生き生き担当 吉井
   

2019.10.19~20 グミの里「井堀まつり」

=井堀校区まちづくり協議会主催=
「グミの里井堀まつり」

19日(土)
 市民センターのみ実施で、クラブや井堀小学校の作品展示、子育てサポーターやボランティアの会の紹介、人権コーナーなどの文化祭でした。
 今年の目玉は、「生き生きチャレンジキッズ」が手型で作った「いぼりの森のい木い木」です。
市民センターの玄関で、来場者の方々をお迎えしました。

20日(日)
 市民センターの文化祭に加えて、井堀小学校の体育館、交流広場、ランチルームをお借りして、「グミの里井堀まつり」の演芸とバザー、パトカー、白バイ、消防車の展示を実施しました。
式典では、主催者のあいさつに続いて、来賓の祝辞、校区功労者の表彰、板櫃中学校吹奏楽部演奏に進みました。式典の参加者も昨年以上で、感激しました。皆さまありがとうございました。
今年も天気は、最高のお祭り日和でしたので、参加者数も多く1,300人以上のお客様にお越し頂け、バザーも申し訳ないくらい早い段階で、完売となりました。中には、スーパーに材料買い出しに出かけ、対応した団体もありました。来年は、更にもう少し増やさないと・・・?
演芸では、クラブ以外に井堀小学校の児童、いぼり保育園の園児、学童保育の児童、エアロビの児童の演目も入り、可愛くしっかりした姿を見せていただきました。
お楽しみイベントも「井堀校区まちづくり協議会」の頑張りで豪華賞品をたくさん準備し、「お楽しみじゃんけん大会」「お楽しみ景品抽選会」を実施しました。
さすがに、一番の盛り上がりと注目度でした。大当たりの皆さまおめでとうございました。
演芸会場・展示会場へのご来場、バザー会場のご利用、ありがとうございました。
皆さまのご協力で、今回も賑やかで素晴らしい「グミの里井堀まつり」を開催することが出来ました。誠にありがとうございました。

井堀校区まちづくり協議会 会長 柏木 作
市立井堀市民センター   館長 植村茂信


2019.10.2 いぼりの森の「みんな!だぁ~いすき」

 今年度第7回目の子育てフリースペース「みんな♪あそび隊」を開催しました。
今日のテーマは、「いぼりオリンピック!」でした。
今回は、「体重・身長測定」「育児相談」担当の保健師さん・看護師さんに加えて、歯科衛生士による「歯の相談」もありました。また、福岡県立大学看護学部の来年から社会人の学生さん2名も各相談の実習をしました。
みなさん健診後、多目的ホールに集まり、楽しい時間を過ごしました。
最初は、「絵本の読み聞かせボランティア」と簡単な「準備体操」。
いよいよ本番で、「いぼりオリンピックの開会宣言」、「聖火ランナー入場、点火式」「競技」へと続きました。
競技は、「ハイハイ競争・かけっこ」「玉入れ」「ママ頑張って」でした。
「ハイハイ競争」は、やはりお母さんから離れるとほぼみんなが大泣きでした。お母さんが近づくと抱っこしてもらえるのかなと思うのか、瞬間的に泣き止み、願いが叶わぬとまた泣き始めました。
「かけっこ」は、上手に走れる子、ママから離れられず一緒に走る子、一瞬止まったり逆に走ったりのマイペースな子など、それぞれの様子で回りを笑顔にしてくれました。
「ハイハイ競争もかけっこ」も、まだまだ無理な乳幼児は、ママが抱っこして走りました。
「玉入れ」は、最初は方法が分からなかったようですが、理解してからはみんな果敢に玉を投げ始め、上手に出来るようになりました。
ママお疲れ様でした。いつもより動きが多くて大変でしたね。
最後に、表彰式があり、参加者全員に手作りの金メダルが授与されました。みんな大喜びで、競技が終わってもメダルをつけたまま、笑顔で走り回っていました。
今回も子どもたちの素晴らしい笑顔と声援、歓声の響くフリースペースになりました。
学生さんも、いつでも参加してくださいね。待っています。
 
次回の11月6日(水)は、子育てサポーター「みんな♪あそび隊」による、いぼりっ子の音楽会♪「いろんな楽器を使って!」の井堀の森の「みんな!だぁ~いすき!」です。

子育て支援担当 井上 (幸)
 
   

2019.9.28 第5回 《生き生きチャレンジキッズ》

 「親子でうどん作り」「生き生きチャレンジキッズの手がた・い木い木」

 「うどん作り」では、小倉そば塾の岡本先生と2名の先生方をお迎えして、今回は調理室ではなく多目的ホールに児童23名、弟妹4名、保護者17名の総勢44名が集まり、一挙にうどん作りに挑戦しました。
 生地を『こねる』『踏む』『伸ばす』に結構な体力が必要でした。切り方の難しさ・繊細さの場面では、同じ太さになるように一生懸命、おしゃべりも止まって切りました。
 保護者のお母さん、お父さん、おばあちゃん、お兄ちゃんの皆さんも結構大変だったようで、それがまた楽しかったと好評でした。
 手打ちうどんが無事?に終了した後は、楽しみな昼食タイム。お肉とかぼちゃ、ネギ、油揚げなどのたっぷり入った「具だくさんうどん」、先生が朝打たれたザル蕎麦、更にお手製のピザが本日のメニューでした。とても美味しく、お腹いっぱいいただきました。
みなさんの感想は、「とても楽しかった!広げるのが難しかった!大きく切り過ぎた!そして、ピザが美味しかった!」でした。
 先生方、お忙しい中、とてもいい時間をありがとうございました。
井堀まつり・文化祭展示の生き生きチャレンジキッズの「い木い木」では、前々回に作った木の幹にそれぞれの手がたの葉っぱを飾りました。お花のような手のひら葉っぱで素晴らしい「生き生きとした」いぼりの森の「い木い木」になりました。
今回も、ふたつの企画にみんな大はしゃぎ、楽しい一日になりました。
みんな、お疲れさまでした。みんなの協力で、井堀まつりを飾る大傑作が出来上がりました。当日は、しっかり見に来てくださいね!!

センター職員 生き生き担当 吉井


2019.9.19 いぼりの森の「みんな!だぁ~いすき!」

今年度第5回「みんな♪フレアイ隊」を開催しました。
当初8月29日水曜日に予定していましたが、学生さんの実習などの関係で、予定を変更して頑張りました。
今回のテーマは、「シャワ・シャワ・おふろ(新聞遊び)!」です。
 《プログラム》  ①ごあいさつ
          ②オープニング「フルーツ体操」
          ③「絵本の読み聞かせ」
          ④新聞遊び「シャワ・シャワ・おふろ」
今回もごあいさつの後にフルーツ体操から始まりました。
「絵本の読み聞かせ」は、野菜くんたちのお風呂のお話しでした。かぼちゃくん、玉ねぎくん、なすびくん、トマトちゃん、ジャガイモちゃん、豆くん、人参ちゃんたちは、お風呂に入る前は、真っ黒だったのに気持ちのいいお風呂に入るとあざやかな赤や緑や紫となりました。
綺麗にすると気持ちがいいですね!!!
「シャワ・シャワ・おふろ」では、新聞紙の土の下にたくさんの汚れた野菜やお魚などが隠れていて、みんなで探して、シャワ・シャワ・おふろで綺麗に洗ってあげました。
今回も、楽しい1時間を過ごさせてもらいました。ありがとうございました。

次回は、10月2日(水)は、子育てサポーター「みんな♪あそび隊」による「あそび隊のオリンピック!」運動遊びのいぼりの森の「みんな!だぁ~いすき!」です。

センター職員 子育て支援担当 井上(幸)
 

2019.9.10 いきいき健康講座 ~健康寿命をのばそう~

『尿漏れを予防しよう!!』
~西南女学院大学 看護学科の先生、学生アシスタントによる講義&尿漏れ予防体操~

西南女学院大学 看護科の先生と学生アシスタント(9人)を講師にお迎えして、生き生きチャレンジ健康講座を開催いたしました。
 ☆尿漏れについて悩んでいる方
 ☆ちょっとだけ気になる方
 ☆まだ尿漏れにはなっていないけど、予防を考える方
にお集まりいただいて、次のスケジュールで進行しました。
 
 10:00~ アンケートの結果からお伝えしたいこと
 10:15~ <西南女学院看護学科の先生、学生による講義>
 10:30~ 尿漏れ予防体操(学生アシスタント)

講義では、一生懸命な学生の発表に参加の皆さんも真剣に話を聞き、頷いていました。
予防体操では、9人の学生アシスタントが、参加者15人に一人一人に体操の仕方をレクチャーしてくれたり、自分の身体の状態を実際に確認し合ったりしてくれました。
先生、学生さん、色々なお話や質疑応答、講演後の質問など有意義な時間をありがとうございました。
また、お集まりいただきました皆さんありがとうございました。ぜひ体操を継続して下さい!

センター講座担当 井上

 

2019.9.4 いぼりの森の「みんな!だぁ~いすき!」

今年度第5回目の「子育てフリースペース」「みんな♪あそび隊」を開催しました。
テーマは、「こんなに大きくなりました!」で、「手型、足型!」でした。
今回は「体重・身長測定」「子育て相談」担当の保健師さん・看護師さん2名が、子育て相談終了後に参加してくれました。みなさん多目的ホールに集まり、楽しい時間を過ごしました。
最初に、「手型、足型」をとりました。手と足の両方のお友達、手だけ・足だけのお友達、それぞれ自由に型をとりました。お母さんが頑張っても嫌がって泣くお友達もいました。でもお母さんは、「ちょうど今月、1歳なのでいい記念になりました。」と大喜び。「前からしたかっけど、手型用のスタンプが高くて出来なかったので、この日を待っていました。」と言ってもらえました。
それから、小学校の読み聞かせボランティアによる「紙芝居、絵本の読み聞かせ」と続きました。最後は、井堀キャンディーズ?パフューム?の3名の子育てサポーターと「とんぼのめがね」を歌って踊って終わりました。
今回も子どもたちの素晴らしい笑顔と楽しい声の響くフリースペースになりました。 

次回の9月19日(木)は、西南女学院大学短期大学部の「みんな♪フレアイ隊」による、「シャワ・シャワおふろ」のいぼりの森の「みんな!だぁ~いすき!」です。

子育て支援担当 井上 (幸)
 

2018.8.31 センター講座 いきいき大人チャレンジ

~からだまるごとステップアップ~
【今日からあなたもうどん職人!】
 
「手打ちうどん作り講座」を開催いたしました。
今回は、13名の大人の参加とお父さんと一緒に小学1年生1名の特別参加がありました。男性の参加が半分もあり、いつもとは違った感じで、地域の皆さんの多世代交流(7~80歳)、男女共同参画の場になり、和気あいあいで楽しい「手打ちうどん作り」になりました。
蕎麦作りでもお世話になりました、「小倉そば塾の岡本先生」をお迎えして、厳しいしっかりした指導の下にうどんが打ちあがりました。最初のこね方、生地の足ふみ、薄く伸ばすなど、結構な体力が必要でした。うどんを切る場面では、同じ太さになるように一生懸命に切りました。
 手打ちうどんが出来た後は、楽しみな昼食タイム!「肉とかぼちゃ」「ネギ」「油揚げ」などのたっぷり入った「具だくさんうどん」、先生が打ったざる蕎麦、更にお手製のピザが本日のメニューでした。とても美味しく、お腹いっぱいいただきました。
 みなさんの感想は、「とても楽しかった!面白かった!盛り上がった!そして、美味しかった!」でした。
 岡本先生と2名の先生方、お忙しい中、とてもいい時間をありがとうございました。

 センター講座担当 井上
 

2019.8.20  第4回 《生き生きチャレンジキッズ》

①九州工業大学の出前講義
   ≪ロボットと遊ぼう!!≫

 今年の「九州工業大学との学び」は、花沢准教授と4年生の田代さんによる講座でした。3つのことを学びました。
 1、顔認識をするロボット 
 ロボットに顔認識させるとロボットがその人を追いかけて行きます。順番にランナーの顔を認識させ、移動し、ロボットに追いかけさせるロボットリレーをしました。始めは、こつを掴むのが難しいようでした。ロボットを変えて、2試合行いましたが、上手なチームは2試合とも優勝しました。

 2、人工知能について 
 人工知能の基礎として、「りんご・バナナ・ぶどう」の絵をかいて、パソコンにそれぞれを認識させました。ぶどうを描いても「りんごですね?」と答えられたり、バナナを描いても「ぶどうですね?」と答えられたり、その度に大笑いでした。最後は、みんなの絵柄を認識することが出来ました。

 3、遠隔操作のロボット
 遠隔操作のロボットでは、ロボットを使ってサッカーをしました。タブレットでロボットの移動やアームをコントロールし、ドリブルやシュートをさせ、ゲームを行いました。
 やはり最初は、難しい感じでしたが、段々慣れて、シュートやブロック、ゴールすると大歓声、とてもいい勝負で、3回戦5対5の引き分けで終わりました。

恒例のスイカ割り!! 
 地域の方が作られたスイカをいただき、恒例のスイカ割り!!をしました。途中で半分くらい割れてしまいましたが、反対側にしたり割れた部分を重ねたりで、なんとか全員挑戦することが出来ました。
みんな声をからしてノドが痛いと言うくらい応援しました。

③おにぎり大会!!
 いろいろな種類の具のバイキング形式のおにぎり大会です。器にサランラップをひいて、その上にご飯や具をのせ、オリジナルおにぎりを作りました。豚汁が美味しく、鍋に何も残らず完食でした。デザートは、スイカ割りをしたスイカを美味しくいただきました。
 
 子どもたちにとって、夏休みの感想文がたくさん書ける楽しい1日になったことと思います。
今年も、先生、学生さんが、日頃慣れない小学生にも優しく接していただいたことに心より感謝いたします。ありがとうございました。
 また、保護者の皆様もありがとうございました。親も楽しめましたね。次回の協力もお願いします。

井堀市民センター 吉井

 

2019.8.16 (金)

***真夏の注意***

台風も心配の中に過ぎ去り、また猛暑との戦いですね。街中避暑地でもある市民センターにどうぞお越しください。
涼しい風、風鈴の音、クーラーの花束が、みなさんをお待ちしています。
井堀市民センターでは、恐竜❓ゴジラ❓が現れて、熱中症の注意をしてくれています。
  『室内でも熱中症になります!各自、こまめに水分補給をしてください!』
卓球に熱中! 切り絵に熱中! キッズダンスに熱中! 踊りに熱中! 受験勉強に熱中!
いろいろな熱中症にお気を付け下さい!
元気にこの夏を乗り越えましょうね!!!

館長 植村 茂信

  

2019.8.10 センター講座 いきいき大人チャレンジ

【季節を贈る水墨画】
~絵葉書やうちわを作ろう!~

 涼しそうなうちわは自分の為に、涼しさを感じていただけるようなハガキは残暑を乗り越えていただきたい方々へ♬ 心を込めて作りました。
 水墨画講師の綾部洋子先生をお迎えして、オリジナルの絵葉書やうちわを作成しました。、半紙に『ホタルや金魚、きゅうりにえんどう豆、朝顔』を描いて、無地のうちわと絵葉書に清書しました。絵葉書や、色紙に描いて言葉も入れた上達者もいました。それぞれの頑張りが素晴らしく、とても可愛い作品が出来上がりました。アッと言う間に時間になり、終わりの片付けが間に合わないくらいでした。
 みなさんお疲れ様でした。綾部先生、ありがとうございました。とても素敵な時間を過ごさせていただきました。

センター講座担当  井上
 

2019.8.7 いぼりの森の「みんな!だぁ~いすき!」

 待ちに待った、今年度第4回目の子育てフリースペース「みんな♪あそび隊」の開催日です。
今日のテーマは、「夏休みフリー(フリースペース)」でした。また、今回も保健師さん・看護師さんとの子育て相談「体重・身長測定など」も同時開催でした。
・・・が、な!な!なんと22歳を迎える井堀市民センターのクーラーが、急に夏休み!?を取ってしまったのです。
この猛暑に加えて、台風が過ぎ去った超高い湿度、急きょ井堀小学校から扇風機を貸していただいたり、倉庫の中の扇風機を引っ張り出したり、冷凍庫の氷を並べたり、とにかく子育て相談の「体重・身長測定」だけは、終わらせようと頑張りました。
いつもは、小さい和室で実施するのですが、少しでも空間があった方が涼しいと、多目的ホールに扇風機を4台設置し、真ん中にマットを敷いて実施しました。(子育てフリースペースは、中止しました。)
猛暑の中なので、参加が少ないかと思っていましたが、意外と多く来られました。子育て相談が終了したら、健康を害さないようになるべく早く帰られるようにおすすめしたのですが、子ども達はいつものように遊ぶと言ってなかなか帰りません。保護者の方々の方が、暑さにやられていたようです。
参加の皆さん、ボランティアの皆さん、保健師さん、看護師さん、大変ご迷惑をおかけしました。
クーラーを早く修理し、涼しい市民センターを取り戻したいと思います。今回もありがとうございました。
 
次回の9月4日(水)は、子育てサポーター『みんな♪あそび隊』による、こんなに大きくなりました「手型、足型」のいぼりの森の「みんな!だぁ~いすき!」です。

センター職員 子育て支援担当 井上 (幸)

 

2019.7.29  生き生きチャレンジキッズ

「 西部ガス」の河野先生と長江先生をお迎えして、≪アイロンビーズ≫を体験しました。
プログラムは、《アイロンビーズ!&液体窒素を使ってアイスクリームを作ろう!!》

見本はありましたが、少しは個性を…と考えながら素晴らしいキーホルダーが出来上がりました。
ピカチュウ、お花、ミニオン、王子様、お姫様、アンパンマン、サリー、カービーなどなど、キッズは頑張りました。館長は市民センターのキャラクター【いぼりん】に挑戦してました。結構な出来栄えにドヤ顔がいっぱい。中には、すごく器用で早く、2つ目に挑戦したキッズもいました。
 液体窒素を使ってのアイスクリーム作りでは、先生の指導をしっかり聞いて、液体窒素を入れる係、混ぜる係に分かれ上手にアイスクリームを作りました。自分たちで作った美味しいアイスクリームを口に入れると更に歓声が出ました。バニラ、イチゴ、ココアの3種類のアイスクリームとビスケットをいただきました。

暑い夏のアイスクリームは、やはり好評で、みんな大はしゃぎ。キーホルダーをお土産に夏休み前半の楽しい一日になりました。
見守り参加のお母さん、お疲れさまでした。お陰さまで、生き生きした会になり大成功でした。

井堀市民センター生き生き担当 吉井

   

2019.7.25 いぼりの森の「みんな!だぁ~いすき!」

 第4回目の西南女学院大学の学生による「みんなフレアイ隊」を開催しました。
今回のテーマは、「潮干狩り!」で、プログラムは、①ごあいさつ、②フルーツダンス、③うみにいく!「潮干狩り!」、④、スペシャルゲストの登場、⑤おわりのあいさつ でした。
最初のフルーツダンスは、いつもは多目的ホールで行うのですが、今日は入り口で頑張りました。
その理由は?
ダンスが終わって、「中に入りましょ~!」の合言葉でホールに入ると「なんと言うことでしょう!」多目的ホールが海になっていたのです。
ゲームあそび「潮干狩り」がスタートです。岸からそれぞれ船に乗って、干潟につきました。そこには、お魚や貝、カニ、エビ・・が、たくさん!!幼児は大はしゃぎ、バケツ一杯になりました。
フレアイ隊の学生も一緒になって、「潮干狩り」を楽しみました。
最後は、「スペシャルゲストの登場」です。
北九州市子育て応援大使メルちゃんが、来館してくれました。
最初は、メルちゃんの顔の大きさ?に驚いてか、お母さんの陰に隠れる子もたくさん。しかし、触れ合っているお友達を見て、恐る恐る近づいてくるようになり、最後は、ハグしたり握手したり。そして、みんなで記念写真を撮りました。
今回は、今まで以上に準備が大変だっただろうなと感じました。ラスト3日間は夜遅くまで、ゼミ室にこもりっぱなしかな。お疲れ様でした。いつも楽しい企画をありがとうございました。
次回も期待しています。
 
次回は、8月7日(水)で、子育てサポーター「みんな♪あそび隊」による「夏休み フリー」のいぼりの森の「みんな!だぁ~いすき!」です。

センター職員 子育て支援担当 井上 (幸)

  

2019.7.17 ふれあい昼食交流会

令和元年度第4回ふれあい昼食会を開催しました。
~本日の献立~
【野菜たっぷり夏カレー】
豚もも薄切り肉、ニンニク、ショウガ、玉ねぎ、赤ピーマン、なす、カボチャ、枝豆の材料がしっかりとカレールウ、カレー粉、ウスターソース、醤油と煮込まれ、とても美味しかったです。その他、「じゃがいもとオクラの和え物」、「サイダーかん」もとても美味しかったです。
食生活改善推進員のみなさんお疲れ様でした。お陰さまで、今回も栄養満点でとても美味しかったです。ありがとうございました。
 
~今月のお楽しみ会~
【手話ダンス】
本日の「ふれあい昼食交友会」は、手話ダンスの三浦先生と8名の有志の方々でした。
ご披露していただいたのは、①時代 ②川の流れのように ③切手のない贈り物 ④この街で ⑤見上げてごらん夜の星を ⑥愛の賛歌 アンコールに応えて⑦ふるさと の7曲でした。
みなさん、感動されたみたいで、お腹いっぱいなのに食い入るように鑑賞、ニコニコ、うっとり。毎年参加していただいていますが、何回見させていただいても感激です。
三浦先生と8名の有志のみなさま、楽しいひととき、素敵なふれあいをありがとうございました。これからもみなさまを楽しませ感動されますよう、ご活躍をお祈りいたします。
  
 8月は、お休みです。熱い夏を乗り切り、また元気に9月にお会いしましょう。
                   井堀市民センター 職員 吉井

2019.7.1 七夕飾り

 今年も、井堀保育の園児のみなさんが作った七夕飾りで、井堀市民センターにお越しの皆さまを楽しませてもらっています。
 七夕飾りは、雨の日はホールに、晴れたら玄関へ移動して飾っています。
今年も盛りだくさんの綺麗な飾りなので、濡れて破れないように大切にしています。今年は、輪っか飾りが多く、ちっちゃな手で、先生方のおはなしをよく聞いて一生懸命作ってくれたのだと感心しています。
 この心のこもった七夕飾りに、井堀保育園のみなさんや関係の方々、井堀校区のみなさまの幸せをこころよりお祈りいたします。
 また、織り姫様と彦ほし様もきっと会うことが出来ると思います。ありがとうございました。

井堀市民センター 館長 植村 茂信

 

2019.7.3 いぼりの森の「みんな!だぁ~いすき!」

 今年度第4回目の子育てフリースペース「みんな♪あそび隊」を開催しました。今日のテーマは、「七夕づくり」で、「たんざくつくり」です。
今回も保健師さん・看護師さんとの「体重・身長測定」などが一緒にありました。
その後、みなさん多目的ホールに集まり、子育ての輪づくり楽しい時間を過ごしました。
最初は、井堀小学校の読み聞かせボランティアの皆さんの紙芝居と絵本の読み聞かせでした。その次は、七夕の由来のお話しでした。
館長のお話しに合わせ、ひこ星、織り姫、天の川の3人が自由な舞を披露しました。笑いあり、目が点あり、苦笑ありの絶妙な舞で頑張りました。今回も子どもたちの素晴らしい笑顔と楽しい声の響くフリースペースになりました。最後は、七夕飾りを作り、お母さんが書かれた短冊、お子さんがマジックで描いた何かの短冊など、しっかり飾っていただきました。
ありがとうございました。
 みなさんの願い事が、叶うように祈っています。
 
 次回の7月25日(木)は、西南女学院大学のフレアイ隊による、ごっこあそび「潮干狩り!」のいぼりの森の「みんな!だぁ~いすき!」です。
北九州子育て応援大使の「メルちゃん」も来館しますよ!!

センター職員 子育て支援担当 井上 幸

    

2019.6.29 《生き生きチャレンジキッズ 》

 第2回の≪生き生きチャレンジキッズ≫を開催しました。
今回は、グッデイ小倉北店の角田さんをはじめ3名の講師をお招きして、“親子工作教室”「スライド本立て」作りでした。
最初に、館長からチャレンジキッズの「みんなのお約束事」の確認、今日の内容の説明がありました。
それから、いよいよ今日のチャレンジキッズ「スライド本立てつくり」の開始です。
設計図を見て、本立てのパーツのセッティング、側板の仮止め、底板の取り付け、背板の取り付け、ボンド付け、釘打ちを順序良く行いました。
パーツのセッティングを間違うとスライドしないので、みんないつもより真面目な顔で頑張りました。かなづちで、釘を打つのは初めてでしたか?
真剣な取り組みの成果か、お父さんお母さんのお陰か、なんと26人全員の本立てが、全てスムーズにスライドするほど、上手に作ることが出来ました。講師の先生方も出来上がりに驚かれ、褒めてくださいました。
最後は、「スライド本立て」を持って、満面の笑みで記念写真。
グッデイ小倉北店の講師のみなさん、本日はありがとうございました。お陰さまで、楽しい体験をすることが出来ました。

次回は、「西部ガスの体験教室」です。しっかり体験しましょうね!!

生き生きチャレンジキッズ担当:吉井

    

2019.6.27 いぼりの森の「みんな!だぁ~いすき!」

 
第3回目の西南女学院大学の学生による「みんなフレアイ隊」を開催しました。
今回のテーマは、「七夕!」
プログラムは、①開始の挨拶、②フルーツ体操、③劇あそび「七夕のおはなし」④ふれあいの時間(たなばたかざり)⑤次回のおはなしでした。
劇あそび「七夕のおはなし」では、可愛らしい“織り姫”や“ひこぼし”などが現れ、幼児が笑顔になる楽しいおはなしになりました。子どもたちは、おはなしの最中に出てくる可愛い手作り人形たちが気になり、触りたくてしょうがなかったみたいでしたが、ニコニコ笑顔!!
ふれあいの時間(たなばたかざり)では、自宅用の小さな笹にそれぞれの七夕飾り、センター用の大きな笹にも七夕飾りをしました。「元気に明るく成長しますように!」「健康で、優しく!」・・・
今回も楽しい企画をありがとうございました。次回も期待しています。
 
次回は、7月3日(水)で、子育てサポーター「みんな♪あそび隊」による「七夕づくり(たんざく作り)」のいぼりの森の「みんな!だぁ~いすき!」です。

センター職員 子育て支援担当 井上 幸

    

2019.6.10 いきいき健康講座

~健康寿命をのばそう~
『慢性腎臓病をよく知って腎臓を大切にしよう』
『腎臓病にならないための食事』『フットケア』


 小倉第一病院の理事長・院長の中村秀敏先生と管理栄養士の土井友里恵先生を講師にお迎えして、第2回いきいき健康講座を開催いたしました。
今回は3部制で、第1部講演【慢性腎臓病をよく知って腎臓を大切にしよう】第2部講演【腎臓病にならないための食事】第3部は、フットケアチームの2名の看護士さんによる【フットケア】でした。
 第1部講演【腎臓の仕事、慢性腎臓病とは、クレアチニン・糸球体ろ過率について、糖尿病・高血圧       について】を勉強しました。
 第2部講演【~健康で長生きするための食事のコツ~、食事が関連した腎臓病の原因、食事のポイン       ト、減塩について】を学びました。
 第3部体験ブース2つに分かれ、実際に足の爪や指、かかとなどを見ながら、相談に乗って下さって       アドバイスをいただきました。
腎臓も足に関することも皆さんにとって関心のあるテーマでしたので、講演後の質問も多く、個人的にも先生方に質問される方が多かったです。
まじめなお話の中にも笑いがあり、あっと言う間の2時間でした。色々な質問や体験、有意義な時間をありがとうございました。

センター講座担当 井上

   

いぼりの森の「みんな!だぁ~いすき!」

 第3回目の「子育てフリースペース」「みんな♪あそび隊」を、6月5日第1水曜日に開催しました。今回は、保健師さん・看護師さんとの「子育て相談」「体重・身長測定など」に加えて、栄養士さんの「離乳食の相談」が一緒にありました。
 本日は、フリースペース・メンバーの「子育てサポーター」、「井堀小学校の読み聞かせボランティア」、「子育てボランティア」に加えて、本日の特別ゲストとして「北九州市立看護専門学校の5人の学生さん」がみなさんのお世話をさせていただきました。
多目的ホールに集まったみなさんは、今年度最高の41名でした。やはり人数が多いとさらに盛り上がり、素敵な子育ての輪づくり、フリースペースの時間を楽しく過ごすことが出来ました。
今回は、「ウキウキ・リズム体操」がテーマでした。
 プログラムは、①オープニングの「手をたたきましょう!」
        ②井堀小学校の読み聞かせボランティアの「紙芝居」
        ③お土産プレゼント
        ④みんなでアンパンマン体操
        ⑤ふうせん遊び
        ⑥学生さんの自己紹介でした。
今回も子どもたちの素晴らしい笑顔と楽しい声の響くフリースペースになりました。
今後も楽しい企画でみなさんをお待ちしています。
お友達も誘って、たくさんの方々の参加をお願いします。
次回の6月27日(木)は、西南女学院大学のフレアイ隊による、劇あそび「七夕」のいぼりの森の「みんな!だぁ~いすき!」です。

センター職員 子育て支援担当 井上 幸

     

いぼりの森の「みんな!だぁ~いすき!」

 第2回目の西南女学院大学の学生による「みんな♪フレアイ隊」を5月23日の第4木曜日に開催しました。
今回のテーマは、「手袋シアター!かたつむり!」
 プログラムは、
   ①ごあいさつ
   ②フルーツダンス!」 
   ③「パネルシアター!へんしんトンネル!」 
   ④「手袋シアター!かたつむり!かえるのうた!」
   ⑤誕生会
①始まりの体操は、2回目のフルーツダンス。イチゴちゃん、スイカちゃん、ブドウちゃん、リンゴちゃんがあつまり、「ふるふるフルーツ♪もりだくさん♪みんなでならんでうれしいな♪♬」と歌いながら、よいこのみんなと楽しく体操しました。
②「パネルシアター!へんしんトンネル!!」では、<カッパが、ぱかっとお馬に、時計がけいとに、ボタンがたんぼ>になりました。④「手袋シアター!かたつむり!!かえるのうた!!!」では、かたつむりさんとカエルさんが5匹出てきて、一緒にお歌を歌いました。⑤誕生日のお友達の為にみんなで、お誕生日の歌を歌いました。
 今回も楽しく元気な声の響く子育てフリースペースになりました。
みなさん、ありがとうございました。
 
次回は、6月5日(水)で、子育てサポーター「みんな♪あそび隊」による「ウキウキ・リズム体操(親子リズム体操)」の井堀の森の「みんな!だぁ~いすき!」です。

センター職員 子育て支援担当 井上 幸

     

2019.5.25 《生き生きチャレンジキッズ》

令和元年度 第1回≪生き生きチャレンジキッズ≫を開催しました。
記念すべき、第1回目は、「開級式」と「手形で、井堀の森の木を作ろう♪」でした。
一部:「開級式」 
 最初に、チャレンジキッズの「みんなのお約束事」の説明、それから今年度参加者全員が「自己紹介」をしました。「将来の夢」や、「今頑張っていること」「新しい学年になって・小学生になって、頑張ろうと思っていること」などをみんなの前で、発表してもらいました。お立ち台とスタンドマイクを準備したからか、逆に小さな声になるキッズもいましたが、はきはきと元気に言えました。一年生もしっかりしていて、感心しました。

二部:「手形で、井堀の森の木を作ろう♪」
 絵具で自分の手に好きな色付けをし、台紙で手形を作りました。まだ、ラミネートの段階ですが、これから何回かに分けて徐々に完成させます。手形の葉っぱを付ける木の幹も思った以上に立体的に出来上がりました。
最初の説明の時には、もっと楽しいことがいいと言ってた子どもたちも段々はまって、今回も笑顔と歓声のあふれる会になりました。
保護者の皆さんのお手伝いのお陰で、キッズの服も市民センターも絵具で汚れることなくスムーズに出来ました。ありがとうございました。

今年は、28名の井堀小学校の児童が≪生き生きチャレンジキッズ≫に参加するようになりました。今回のように毎回、学校や家庭では体験できないような経験を味わえる楽しい講座を計画していますので、休まないで参加して下さい。
そして、みんなで楽しく皆勤賞を目指して頑張りましょう。

生き生きチャレンジキッズ担当:吉井

    

~結婚に関するアンケート~

井堀市民センター 館長 植村茂信

平成27年度に「地域みんなで結婚から育児まで見守り事業」に参加しました。その時、関係者にお配りしました資料を時間も経過しましたが掲載いたします。結婚に関しての興味あるアンケート結果になりました。アンケートに対して、正解というものはありませんが、回答いただいた内容から、更にいろいろと考えるところがあるのではないかと思います。宜しければ、ご覧ください。
(令和元年5月吉日)










2019.5.13 いきいき健康講座

     ~健康寿命をのばそう~
    『ロコモティブシンドロームと簡単筋力トレーニング』

5月13日(月)に新小倉病院の整形外科医長の島田佳宏先生とリハビリの3名の先生を講師にお迎えして、今年度第1回「いきいき健康講座」を開催いたしました。
 まずは、ロコモティブシンドロームとは何かを、DVDを見ながら説明して下さいました。
 その後、リハビリの先生を中心にロコモ度テストの運動と防止体操を30分程度行いました。
皆さん意外と当てはまるところもお有りのようで、真剣に先生方の言われる通りに体を動かしました。
質疑応答や会終了後の質問も多く、アッと言う間の90分でした。今回も色々な質問に丁寧に真摯にお答えいただきました。
島田佳宏先生、リハビリの3名の先生、有意義な時間をありがとうございました。

センター講座担当 井上

     

2019年度 生き生きチャレンジキッズ入会説明会

 今年度の「生き生きチャレンジキッズ」の入会説明会を4月27日土曜日に実施しました。
『市民センターの事業目的』の1つは、生涯学習です。
生涯学習は、一人一人が自主的・自発的に行うことを基本とした学習活動で、年齢に係らず生涯にわたって学習することが目的です。
 また、「生涯学習=高齢者対象」と思われがちですが、実際はすべての世代の方が対象で、いろいろな学習や体験ができます。
その中で、小学校の全ての学年の児童を対象とした「生涯学習講座」の「地域全体で子どもの育成を支援」と言う事業です。
井堀校区では、この事業を「生き生きチャレンジキッズ」と呼びで、学級制(登録定員制)の定員30名で活動しています。
地域の大人とのふれあいや学校・家庭だけでは経験できない体験などを通じて、子どもたちには郷土愛や友情、相手を思いやる心の醸成、大人たちには地域で子ども達を見守り、育む風土をつくりあげることを目的としています。』
今年度も楽しい企画が盛りだくさんです。校区の皆さん是非、学級生になって一緒に楽しい学習や経験をしましょう。お待ちしています。

センター職員 生き生き担当 吉井

いぼりの森の「みんな!だぁ~いすき!」

 今年度第1回目の西南女学院大学の学生さんによる「みんな♪フレアイ隊」を4月25日の第4木曜日に開催しました。
今年度も西南女学院大学短大部保育科藤田ゼミの学生4名が、頑張ってくれます。今年も元気で楽しく明るい「いぼりの森」になりそうです。
みなさん多目的ホールに集まり、子育ての輪づくりが出来、楽しい時間を過ごしました。
今回のテーマは、「こいのぼり!」で、プログラムは、①挨拶・自己紹介 ②絵本の読み聞かせ ③制作あそび「こいのぼり」 ⑤「フルーツダンス!」でした。
昨年までのオープニングのバナナくん体操がフルーツダンスに変わり、子どもにとってもお母さん方にとっても新鮮な可愛らしいダンスになりました。
制作あそび「こいのぼり」では、簡単な材料、簡単な方法でかわいらしい鯉のぼりを2匹作りました。1ぴきはお土産で、もう1ぴきはセンターの掲示板の飾りでした。読み聞かせは、学生が一生懸命練習してきたお話を笑顔で披露できました。
今回は今年度初回ということもあって、子どもや保護者、学生もお互い緊張していたようで、最初はちょっと距離がありましたが、その緊張感がとても良く、徐々に慣れることが出来てよかったと思います。楽しいひと時になりました。また来てくださいね!ありがとうございました。
 
次回は、5月23日(木)で、子育てサポーター「みんな♪フレアイ隊」による「カタツムリ」のいぼりの森の「みんな!だぁ~いすき!」です。

センター職員 子育て支援担当 井上 幸

     

いぼりの森の「みんな!だぁ~いすき!」

 今年度、第1回目の「子育てフリースペース」「みんな♪あそび隊」を4月3日第1水曜日に開催しました。
今年度も第1水曜日は、保健師さん・看護師さんとの「体重・身長測定」などが一緒にあります。
その後、みなさん多目的ホールに集まり子育ての輪づくり、楽しい時間を過ごしましょう。
今回は、子育てサポーターの皆さんや井堀小学校の読み聞かせボランティアの皆さん、子育てボランティアの皆さんと一生懸命遊びました。
プログラムは、①本年度第一回目のご挨拶 ②初めまして!「みんなで自己紹介」 ③井堀小学校の読み聞かせボランティアのみなさんの「紙芝居と読み聞かせ」 ④あそび隊による手遊び「お花が笑った♪」のお遊戯をしました。
さくら飾りの名前の書いた王冠をもらって大喜び?頭に何かかぶるのが苦手のお友達もいましたね。
 新年度から新しいお友達も多く来られ、今回も子どもたちの素晴らしい笑顔と楽しい声の響くフリースペースになりました。
5月以降も楽しい企画でみなさんをお待ちしています。
 お友達も誘って、たくさんの方々の参加をお願いします。

次回の4月25日(木)は、西南女学院大学のフレアイ隊による、製作あそび「こいのぼり」のいぼりの森の「みんな!だぁ~いすき!」です。

センター職員 子育て支援担当 井上(幸)

         

バナースペース

 井堀市民センター

〒803-0835
北九州市小倉北区井堀3丁目15番2号

TEL 093-592-1170
FAX 093-592-1178

開館時間
・平日 09:00~22:00
・土曜 09:00~17:00

休館日
・日曜日
・国民の祝日に関する
 法律に規定する休日
・年末年始(12/29~1/3)


メールはこちらから



 

井堀市民センター イベント・行事案内